おすすめ本: Head Firstシリーズ

オススメ本のところに書いているのだけど、Head Firstシリーズは特に俺みたいな初級者にはオススメ。 この内容が濃くて説明が分かりやすい。 「もしドラ」とか「萌えマンガでわかるhogehoge」の発展系みたいな本をイメージしてもらえればいいかな。

個人的にはあれ系の本は嫌いだった。 分かりやすく説明するためにキャラクターを登場させて会話させてみたけど、 そのキャラクターに感情移入して物語を楽しむために必要なキャラ付けパートに分量が割かれるせいで、 肝心の中身が相対的に薄くなってしまうのだ。 だから端的に言うと、 「みなみちゃんが電波な子だとか説明されても仕方ないし、架空の野球部が甲子園に行こうが行くまいがはっきり言ってどうでもいいから、そんなことよりもちゃんとドラッカーを説明しろよ」 ってことになる。 だからああいうジャンルの本は、初心者向けだからそれでいいと割り切っているんだろうけど、 中身は薄いけど分かりやすく説明するためのもので情弱向け、そう思っていた時期が俺にも(ry

このシリーズは、そういうパートが一切無くて中身が濃い。でもわかりやすい。 内容も中級者まで役立てられると思う。綺麗にいいとこ取りをしている。 突然外人のおっちゃんが困ってる写真から始まるけど、はっきり言ってこれで十分だ。 あと謎の仙人とか出てくる。写真が濃いからキャラ付け不要w んで読者を置いてけぼりにしてドラマを進めるわけではなく、 実際に自分で課題を考えながら進めるようになっている。

デザインパターンはこれで入門

そもそもオブジェクト指向から入りたい人はこっち

デザインパターンは、昔入門書と難しい専門書を読んだことがあったのだけど、 これを読んで、使いこなせてなかったというか、理解できていなかったことに気づいた。 読んでから露骨にコードが綺麗になった。なにこれブートキャンプ? これは読まなきゃソンだ。

他にもデータ解析とか

統計とか

いろんな分野で出ているので一度読んでみるといいと思う。 大学時代に気づきたかった。 理系の学生なら絶対学ばないといけない分野なので、必読と言ってもいい。

Written on April 13, 2011