Smart本に頼んだ本がやっと届いた

以前頼んだSmart本、GW中とかいう守る気のなさそうな納期の連絡が来ていて、 まあ遅れるんだろうなぁと思ってのんびり待っていたらが、 どうにもずるずる行きそうだったので確認のメールを出した。 そしたらすぐ対応してもらえたので、クレーム対応の別ラインでもあるのかもしれない。 納期遅れてる人は自分から連絡入れないと対応してもらえなさそうなので注意。

さて、問題の品質は・・・著作権の問題とかありそうなので画像をうpするのは避けて言葉で。 (サンプルはさがせばある) 基本的に、俺が注意して取り込んだのと同程度。 (今までの取り込み冊数20冊位 環境はScanSnap1500Mを使用) 大きな傾きなんかはないし、俺みたいな素人さんは任せたほうがいい位かも。 ただ前に見た自炊の達人の作品には遠く及ばないので、 裁断機を持ってるクラスの人が満足するレベルではなさそう。 文字の認識精度も自分でやるのと大差ないから、 バイトやとって自宅でscansnapでやらせるのとどっちがコスト安いと見るか、 その辺のトレードオフをわきまえた上で利用すると吉、という感じ。

中の人は対応は紳士だけどそそっかしい感じ。
「・カラー白黒判断は人の手で行なっております。途中カラーページが挿入されるライトノベル書籍なども安心してご依頼下さい。」
とか書かれているけれど、十ページ以上連続でカラーになってる本を全部白黒で読み込んでた。 確認どころかフィーダに突っ込む時すらよく見てなさそう。

結論。白黒オンリーの文庫本やプログラミング本は任せればいい。 画質重視のコミックや画像入り解説本は自分で。 まあ割と当たり前な結論が出たな。

Written on May 12, 2011