HSRPによるゲートウェイの冗長化

HSRPはゲートウェイの冗長化を行うプロトコルのうちの一つで、Cisco独自のものである。 HSRPでは、複数のルータをグループ化し、仮想ルータを構成することでゲートウェイの冗長化を行う。 このグループのことを、HSRPスタンバイグループと呼ぶ。

HSRPスタンバイグループ

このグループで形成する仮想ルータのIPは、手動で設定する。 同一ネットワークのIPのうち、利用されていないものであればなんでもよい。 MACアドレスは自動的に決定される。決定方法は以下の通り。

  1. 先頭3バイト分はCiscoのベンダIDである00:00:0Cが入る
  2. 続く2バイト分はHSRPの仮想ルータであることを示す07:ACが入る
  3. 最後の1バイトはHSRPのグループ番号が入る 従って、グループ番号が1の場合は、00:00:0C:07:AC:01となる。 クライアントはこのIPとMACを利用して通信を行う。

仮想ルータ

仮想ルータに送られた通信は、HSRPスタンバイグループの中の1台のルータが処理する。 HSRPスタンバイグループ内のルータは、Active Router, Standby Router, Other Routerに分けられ、 それぞれ役割が与えられている。

  • Active Router

      実際に通信を行うルータ。
      HSRPスタンバイグループの中で、Priority値が最大のルータ。
      Priority値が同じ場合は、IPアドレスが最も大きいルータが選ばれる。
    
  • Standby Router

      Active Routerがダウンした場合に代わりにActive Routerとなって通信を行うルータ。
      HSRPスタンバイグループの中で、Priority値が2番目に大きいルータが選ばれる。
      Priority値が同じ場合は、IPアドレスが2番目に大きいルータになる。
    
  • Other Router

      その他のルータ全台
    

HSRPスタンバイグループ内での役割

Active RouterとStandby RouterはHelloパケットを定期的(デフォルトでは3秒間隔)に送信し、死活監視を行っている。 Active Routerがダウンすると、Standby RouterがActive Routerとなり、 Other Routerの中でPriority値が最大のものがStandby Routerとなる。 Active Routerがダウンしたと判断するのは、Helloパケットが来なくなってから10秒後である。(Holdタイマー値を参照する)

Helloパケットの送出間隔と、Holdタイマー値は以下のコマンドで変更できる。

Switch(Config-if)#standby <GROUP-NUMBER> timer <HELLO-TIME> <HOLD-TIME>
: HSRPスタンバイグループの通し番号 : Helloパケットの送信間隔(秒数) : Holdタイマー値(秒数)
Written on December 17, 2011