リンクアグリゲーション(EtherChannel)の設定

Ciscoでのリンクアグリゲーション(EtherChannel)の設定方法は以下の3通りである。 ・固定で設定 ・PAgP(Cisco独自プロトコル)を利用して自動で設定 ・LACP(IEEE802.3ad標準のプロトコル)を利用して自動で設定

以下にCiscoでの設定方法を記載する。 尚、異なるspeed/duplexのポートをまとめることはできないので、 事前に統一しておくこと。

固定の設定 SwitchAとSwitchBのFa0/1, 0/2を束ねて接続する場合は以下のようなコマンドを打ち込む。

!SwitchAの設定
SwitchA(config)#interface range fastEthernet 0/1 - 2
SwitchA(config-if)#channel-group 1 mode on
!SwitchBの対向ポートの設定
SwitchB(config)#interface range fastEthernet 0/1 - 2
SwitchB(config-if)#channel-group 1 mode on

*ドジっ子のための注意 先に配線を行ってしまうと、設定が完了するまでの間はループになるため、 ケーブルの接続は設定投入後に行うこと。 ** PAgP(Port Aggregation Protocol)** SwitchAとSwitchBのFa0/1, 0/2を束ねて接続する場合は以下のようなコマンドを打ち込む。

!SwitchAの設定
SwitchA(config)#interface range fastEthernet 0/1 - 2
SwitchB(config-if)#channel-group 1 mode desirable
!SwitchBの対向ポートの設定
SwitchB(config)#interface range fastEthernet 0/1 - 2
SwitchB(config-if)#channel-group 1 mode desirable

利用できるモードは ・desirable ・auto である。 desirableはPAgPのネゴシエーション要求パケットを自ら送るモードで、 autoはネゴシエーション要求を送らないモードである。 両側がautoだとネゴシエーション要求が発生しないためEtherChannelにはならない。 少なくともどちらか一方はdesirableにする必要がある。 ** LACP(Link Aggregation Control Protocol)** 設定に関してはPAgPとほぼ同じで、モードの呼び方が違うのみ。 利用できるモードは ・active ・passive で、意味もほぼ同じ。 activeなポートからしかLACP要求が送られないため、 passive同士であればEtherChannelにはならない。 少なくともどちらか一方をactiveにする必要がある。

SwitchAとSwitchBのFa0/1, 0/2を束ねて接続する場合は以下のようなコマンドを打ち込む。

!SwitchAの設定
SwitchA(config)#interface range fastEthernet 0/1 - 2
SwitchB(config-if)#channel-group 1 mode active
!SwitchBの対向ポートの設定
SwitchB(config)#interface range fastEthernet 0/1 - 2
SwitchB(config-if)#channel-group 1 mode active

** PAgPやLACPを利用するメリットは?** 現場寄りのSEであれば、PAgPやLACPを利用するメリットは何なのか不思議に思うかもしれない。 設定も大して変わらないため楽になるわけでもないし、 管理が簡単になるわけでもなさそうである。 きちんと設計したネットワークであれば、固定にしておいた方がいいのでは?と思うのも当然である。

スイッチとスイッチの間に中継デバイスが挟まっている場合、 対向のポートが死んでもリンク断は検出できない。 この場合本来は片側の経路は死んだものと見なし、 残りのポートだけで通信してもらわなければ困ってしまう。 PAgPやLACPを利用し、対向ポートと通信することで死活監視しておけば、 このような場合でも動作を切り替えることができる。

自動設定系のプロトコルを実際に運用すると、 机上の理屈通りに動かないことが結構ありトラブルの元になったりする。 むやみに自動化せず、意味を理解しておき、適切な場合に利用することが重要である。

Written on February 13, 2012