Windows 8 Developer PreviewをMac Miniにインストール(BootCamp)

#この情報は既に古いので、ConsumerPreview版を参照されたし。

Windows 8 Developer Previewをインストールした。

といっても特別複雑なことはしていない。 通常のWindows 7と同様に、BootCampマネージャからインストール。 Windows7用のドライバもダウンロードされるものをそのまま使う。 Developer Previewのisoファイルをダウンロードして、 アプリケーション > ユーティリティ > Boot Camp Assistant を実行してインストール。

注意すべき点は2つ。 1. DVDではなくUSBを利用してインストールする場合、  ディスクユーティリティを利用してisoをUSBに書き込もうとするとハマる。  Boot Camp Assistantを利用すること。  画像の一番上、Windows7のインストールディスクを作成する、を選択し、  次の画面でisoファイルを指定すること 2. ドライバはWindows7のものが利用できる。   ドライバはBoot Camp Assistantの二つ目のチェックボックスに印を付けていればダウンロードされるので、   USBメモリか何かに保存しておく。   但し、一括自動インストール用のexeファイル(setup.exe)からのインストールはできないので、   一つ一つ手作業でインストールすること

ここで問題になったのは、BootCampマネージャツールが入らないので、 Windows側から起動ディスクの設定ができないこと。 毎回optionを押して起動しなければ選択できない。 これはめんどくさい。 grubみたいなブートローダー入れられないのかな?

というわけで、いろいろ探してみたところ、 rEFItというブートローダーを入れればいいようだ

Windows 8、Developer Previewとはいうものの、別段不安定でもなく快適です。 Skyrimもサクサク動いているので、ビデオドライバも問題なくインストールできたようだ。

メトロUIもそれ自体は悪くない感じ。 但し、当然ながら現状ではメトロUIから選択して起動するアプリケーションは既存のWindows UIで、 メトロUIだけで完結していない。

/* WindowsはXPのころからタブレットエディションが出ていた。 しばらく使っていたことがあったが、マウスを前提に設計されたUIをタッチパネルで操作するのは非常に困難であり、 ウケも悪かったのかVista以降ではタブレットエディションは出ていないようだ。 Appleはそれを反面教師にして、iPhoneやiPadには指で操作することを前提にしたUIを再設計して載せている。 */

MicrosoftもメトロUIは指で操作することを前提に再設計したようで、 それ自体の使い勝手はよさそう。 ただ、普通にPCにインストールして操作する際、メトロUIは指で画面をタッチし、 起動したアプリケーションはマウスで操作なんてことはしないので、 設計思想の違うUIを二つ行き来しながら使うことになる。 過渡期エディションとはいえ、この構成はちょっとちぐはぐに感じる。

Appleはその点よくわかっているので、 LionはタッチUIの融合と言ってはいるものの、 全画面アプリケーションをトラックパッドジェスチャで切り替えながら使うという構成に止めている。 この辺りの割り切りがまだできていない、練り切れていない状態に感じる。 Developer Previewから実際のリリース版になったとき、 どういう構成になっているか楽しみである。

追記 どうやらSUAは非推奨機能になってしまったらしい

Written on February 12, 2012