新型Apple TV(MD199J/A)が届いた

AppleTVが届いたので使ってみた。 初期設定を入れ、動画を再生。 主音声と副音声が同時に再生される問題に悩まされたので、その解決まで。

まずは開封の儀。 見慣れた化粧箱スタイル。

1080pの文字。この世代から1080p対応になった。

初回起動時に言語の選択画面が出るので日本語に。 次にタイムゾーンの設定。 設定 > 一般 > 時間帯 をTokyoに。

そしてiTunesとの連携の設定。 設定 > コンピュータ から、ホームシェアリングをonにする。 AppleIDが求められるので入力する。 Mac/PC側のiTunesでもホームシェアリングの設定を行う。 iTunesを起動して、 メニューバーの詳細 > ホームシェアリングを入にする AppleIDが求められるので、同じIDを入力する。

以上でiTunesのコンテンツが見られるようになる。 早速ビデオを見る。が、主音声と副音声が同時に再生されて非常に聞きづらい。 副音声をOFFにする方法を探すと、Appleサポートコミュニティに情報が。 Apple Remoteでメニューを表示する、 または付属のリモコンで、動画再生中に再生ボタンを長押しすれば、 音声の選択が出るらしい・・・という情報を見つけるも、そんなもの出ない。

どうやら動画や副音声のフォーマットによって出たり出なかったりするらしい。 仕方がないのでファイルの方をいじることにした。 Sublerというソフトで簡単にどの音声を流すか設定できた。

これで副音声をOFFにすれば、無事AppleTV側でも主音声のみで聞くことができた。

Written on March 21, 2012