Segate GoFlex Thunderbolt Adapertが届いた

今夜Mountain Lionが解禁になるだろう。 丁度良かった(・∀・) ← 確信犯

外箱

SSDを指すとこんな感じ

電源コネクタっぽいとこが刺さってないけど問題なく動くみたい。

では早速ベンチマーク まずは以前付けた内蔵SSDから

流石に速い

MacMiniに最初から載ってた内蔵HDD。東芝製。

こんな標準装備で大丈夫か

Segate GoFlex Thunderbolt Adapter + SSD

速い。内蔵SSDよりは若干遅いけど、Thunderboltのせいというよりは装着しているSSDの差のような気がする。

内蔵SSDを交換するとこれくらいめんどくさいし、 ThunderboltのSSDからブートも出来るようなので、 Macを分解するのはちょっと・・・ と思っていた方もこれなら手軽に試せるのではないだろうか。

amazon.co.jpで買うと12,000円くらいだが、

amazon.comで買うと、円高ということもあって8,000円くらい。 個人輸入に抵抗のない方はこちらから買った方がよい。 差額であの高いThunderboltケーブルも買えるし。

ケーブルはApple純正の2.0mのものを買うよりも、 住友電工の30cmのものを買った方が取り回しがよさそうなのでこちらを購入。 30cm, 50cm, 1m, 2m, 3mから選択できる。

番外編: 同じSSD + USB2.0の外付けケース

今まで力を出し切れなかったんだねー・・・申し訳ない。 それでも内蔵HDDとは同じくらいか。 内蔵HDDを使い続けるのがいかにナイかを示すデータ。

Written on July 25, 2012