portmaster -aがこける The databases/php5-sqlite port has been deleted: Removed from core php

いつも通りサーバにアップデートをかけようとしたある日のこと。

#portsnap fetch
#portsnap update
#portmaster -a -G --no-confirm
(中略)
===>>> Launching 'make checksum' for textproc/php5-simplexml in background
===>>> Gathering dependency list for textproc/php5-simplexml from ports
===>>> Initial dependency check complete for textproc/php5-simplexml
===>>> Returning to update check of installed ports
===>>> The databases/php5-sqlite port has been deleted: Removed from core php
===>>> Aborting update

ありゃ、こけた。

確かに、database/php5-sqliteというディレクトリはない。 database/php5-sqlite3に変わっている。 パッケージがなくなってアップデートできないんだな。

同じ状態に陥っている人は沢山居るはずなのでまずは情報を探す。 ありました。 http://icesquare.com/wordpress/phpfreebsd-the-databasesphp5-sqlite-port-has-been-deleted-removed-from-core-php-aborting-update/

php5-sqliteを利用していたのはPHP5.4までなので、削除する必要があるらしい。 まずはphp5-sqliteのエクステンションのリストから外す。 (sqlite3 supportを外す)

#cd /usr/ports/lang/php5-extensions
#make config
#make deinstall clean install clean

入っているphp-sqliteを探す。

#pkg_info | grep php5-sqlite

確かにphp5-sqliteが入っているので削除する。 (php5-sqlite3は問題ないので残しておく)

#pkg_delete php5-sqlite-5.3.13

これで削除作業は終わり。 後は再度アップデートする。必要であればsqlite3を入れ直す。

Written on July 24, 2012