ねんがんのThunderbolt Dockが発売されるぞ!

MacBook AirはThunderboltが1本しか刺せないので、 外部ディスプレイとGigabit Ethernetアダプタが同時には刺せないで困っている。

これと

これ

Thunderboltは昔懐かしSCSIと同じくディジーチェーン方式のようなので、 基本的に分岐はできない模様。ということで、HDDのような製品は裏にThuderbolt出力端子がついているようだ。

これの裏に二つThunderbolt端子がついている。一つはMacと繋ぐ用。もう一つは別の装置と繋ぐ用。 つまり、HDDを利用する場合は、HDDから更にディスプレイケーブルなりEthernetアダプタなりが生える。 これはなんか違和感あるなぁ・・・ ディスプレイ端子やEthernetアダプタなんかは出力端子がないから、これは末端につながないといけない。 つまり同時には使えない。そんなのは困る。

というわけでDockを待っていたのだけど、ようやっと発売されるようだ。

HDMI×1
USB 3.0×1
USB 2.0×2
ギガビットイーサネット×1
オーディオ出力(ステレオミニジャック)、オーディオ入力(モノラルミニジャック) いいじゃんいいじゃん。
DVI×1
USB 3.0×1
USB 2.0×2
ギガビットイーサネット×1
オーディオ出力(ステレオミニジャック)、オーディオ入力(モノラルミニジャック) こっちはHDMIの代わりにDVIが刺せる。

しかし値段高いなぁ・・・量販効果が出始めたらこなれてくるんだろうか? ケーブル1本3,4千円する規格だから、確かにこれくらいの価格にはなるとは思うんだが・・・

Written on February 3, 2013