Migrating from Wordpress to Jekyll

githubpagesでファイル管理する方が楽そうだし、情報も出そろってきたので、今更ながらWordPressからJekyllに移行しました。

やったこと
1. Wordpressの機能を利用してxmlファイル書き出し(ツール > エクスポート)
2. exitwpを利用してmarkdownのソースに変換
3. 自動的に変換できなかった部分を修正。修正できなかったのは
- code syntax
- table
- wordpressのプラグインによって提供されていた部分(twitterの引用等)
- Adsenseのタグが全部消えてた
4. jekyll bootstrapを適用
5. _config.ymlを編集

	#URLが/YYYY/mm/DD/title/になってしまうのを修正
	permalink: /:year/:month/:title.html
	#code syntaxのために利用
	pygments: true

最後に、pygmentizeで色をつけるためにcssを編集

	pygmentize -S default -f html >> assets/themes/twitter/css/bootstrap.css

ちなみに移行ツールとしてはWordPress to Jekyll Exporterというのもあったが、exitwpの方が変換精度がよかった。
exitwpの使い方はgithubのページを読めばわかるはず。

ローカルで動作チェックして、git pushしたまではよかったが、 github pagesアップロードの際にエラーが出た。 ローカルで動いているので、何が問題なのか分からない。 github側がろくにエラーログを出してくれないので困った。 Pages don’t build: “Unable to run Jekyll” を上から試してみた。

結局のところ、問題だったのは、利用しているデザインテーマをsubmoduleにした際、 gitプロトコルのリンクを利用したことだった。 Using submodules with Pages
によると、httpsのリンクを利用しないといけないらしい。
なんやそれー。

Written on December 28, 2013