不思議な佐賀

福岡旅行の帰り、福岡空港の便がとれずに佐賀空港から飛ぶことに。
台風が近づいているということもあり早めに向かった。

まず食堂で昼ご飯を食べようと思って入ったらおこられる。
「勝手に入ってきちゃダメだ。順番の紙に書いて」

周りに人は見当たらなかったから入ったけど、順番待ちしてたのか。
慌てて外に出て紙に名前を書こうとしたが、ぼくが先頭。
誰も待ってなかった。
紙に書いたとたんにニコニコしてアテンドしてくれるおじさん。
一体なんなんだこのRPGの村人的な対応は。
フラグたってないとイベントが進まない的なアレなのか。
さすがSaga県。全体がRPGのMapなのかもしれない。

食事が終わってラウンジを探す。ない。
よくわからない有料の休憩所しかない。
搭乗口の外だからなぁ・・・と思いながらも、
他にいけるところもないのでとりあえず入る。 10分ほどしたらおじさんが呼びにきた。
「おーい、飛行機が出発するぞ」
なんだそれ。それからで間に合うのか。
ここ空港じゃなくてバス停なんじゃなかろうか。

佐賀県で空港を作るときに、他県からノウハウを持ってこずに、
でっかいバス停感覚で作ったアットホームなターミナル。
それが佐賀空港なのかもしれないなぁ。
そんなことを考えながら、ほのぼの休憩している昼下がり。

Written on October 12, 2014